魏延伝

章  

「朝よー。早く起きなさーい」

「はーい」

「2000年の目標は『遅刻しない』でしょ。いつもぎりぎりじゃないの」

「ぎりぎりでも間に合ってるんだから良いじゃない」

「とにかくさっさとご飯食べちゃって。お父さんはもう会社いったわよ」

「う〜ん・・まだ眠いかも・・」

「何言ってんのよ、ほら、早く」

「そんなせかさないでよぉ」

「誰に似たんだか・・・」

「あ、そうだお母さん」

「なあに?」

「あんね、昨日見つけたんだけど・・・」

「食べるか喋るかどっちかにしなさいよ」

「うん・・・もぐもぐ・・ごっくん。・・・・。でね、この仮面、何?」

「あぁ・・これね。私もよくは知らないんだけど、お父さんの遠いご先祖様の物らしいわよ?」

「ふーん。案外値打ち物なのかな?」

「でも、ちょっと不気味じゃない?」

「うん。ちょっと怖いしね」

「結婚して、この家に引っ越す時に初めて見せてもらったんだけど、なんか・・・ねぇ」

「大事なものなんだろうね」

「そうね。気持ち悪いけど・・・でも」

「でも」

「あら・・先に言って良いわよ」

「お母さんこそ先に言ってよ」

「やーよ」

「んじゃ、同時に言おうか?」

「そうね」

「せーの」

『嫌いじゃないわ』






劇終。







戻る

魏延伝→ 第1章  第2章  第3章  第4章  第5章  第6章  終章
  

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット